子供のニキビを治すために親がしてあげられること

子供の顔にニキビ跡が残ってしまった時、どのように対処していけば良いのか解説します。せっかくニキビが治ったのに!と思うと残念ですが子供の顔が早くキレイな肌に戻るようにニキビ跡対策を行っていきましょう。

子供の顔にニキビ跡が残ってしまった時、どのように対処していけば良いのか解説します。せっかくニキビが治ったのに!と思うと残念ですが子供の顔が早くキレイな肌に戻るようにニキビ跡対策を行っていきましょう。

今度は子供の顔にニキビ跡が!

「せっかく子供のニキビが治ったのに今度はニキビ跡が!」

ニキビを治すことに時間がかかったり、途中で潰してしまったり対処法を少し失敗すると運が悪いとニキビ跡が残ってしまうこともあります。

「ニキビ跡は一生治らない」

そんな話を聞いたことがあると絶望してしまいそうですが決してそんなことはありません。
子供と大人、どちらがニキビ跡に悩んでいる人が多そうか?と言えば子供ですよね。それは言い換えるなら時間が経てばニキビ跡は改善する可能性が高いということです。

とはいえ、子供の気持ちとしては今すぐにでも治らなければ意味がない!というのはニキビの場合と同じです。
ニキビ跡を少しでも早く治すために出来ることはあるのか?これから見ていきましょう。

ターンオーバーがニキビ跡を改善してくれる

ニキビ跡を治すためにカギとなるのは毛穴の「ターンオーバー機能」です。

ターンオーバーは毛穴の古い角質細胞を新しい皮膚細胞に生まれ変わらせる役割を持っていて、まさにニキビ跡が残った肌を生まれ変わらせるために役立ってくれる機能です。

ターンオーバー機能は健康的な肌状態で約28日前後周期で行われていて、これが繰り返されることで大人になるにつれてニキビ跡が治っていくというワケです。
でも、ニキビ肌が長引いていたり、毛穴にダメージが蓄積されたままではターンオーバー機能がしっかりと働いてくれている保証はありません。

実際、ニキビが増えるのもターンオーバーによって毛穴の汚れを外に排出出来ていないことも一つの原因としてあり、「今のままでは時間が経ってもニキビ跡が治る保証はない」可能性すらあるということです。

逆に言えばターンオーバー周期を少しでも早く正常に整えることが出来れば、より早くニキビ跡の改善にもつながっていきます。

ターンオーバーを整えるスキンケア

ターンオーバーを整えることが出来れば子供のニキビ跡解消にも役立つということでしたが、それってまさに毎日のスキンケアの役割なんですよね。

スキンケアで上手く肌の状態が整っていればターンオーバー周期も整っているし、そもそもニキビもできないしニキビ跡もできない、、、まさにニキビ予防ケアの出番というワケです。

今、子供がニキビを治すことができたけどニキビ跡が治らない状態で悩んでいるなら、ニキビが治ったその治療方法やケアをずっと続けていきましょう。(薬はやめる。)
ニキビを治せて予防出来ているということはターンオーバーも整っている可能性が高いので、後は約1ヶ月周期で少しずつニキビ跡を改善していくことを目指しましょう。

あるいは、もっと積極的にニキビ跡を解消しにいきたい場合には思い切って化粧品を変更してみるのもアリです。
ターンオーバーを整えるためには基礎化粧品が大きな役に立ちますが、ニキビ跡専用のスキンケア化粧品にライン使いで変更することでもっと早くカバーを狙える可能性も出てきます。






唯一オススメなのがこれですね~!

美容液とか化粧水だけでニキビ跡専用の化粧品も多く種類がありますが、肌の状態をしっかりと整えるならブランドは統一して化粧品間の相性バランスを崩さないことが重要です。


逆に今ニキビ自体も数多く残っていて予防もしっかりと出来ていないという状態であれば、まずはニキビ予防ケア選びに全力で取り組むべしです。
今のスキンケアに信頼がイマイチ無ければ早め早めに見直しを検討していくことが必要です。

当サイトでは思春期の子供ニキビケアのための情報が包括的にまとまっているのでぜひ参考にしていってくださいね。

子供のニキビを治すために親がしてあげられること © 2017