子供のニキビを治すために親がしてあげられること

子供のニキビが頬・顎・口周りといったフェイスライン(Uゾーン)に集中して発生した時の原因と治し方を解説します。子供のニキビは基本的にはおでこや鼻のTゾーンにできやすいと言われていますが、なぜフェイスラインにも増えてしまうことがあるのでしょうか。

子供のニキビが頬・顎・口周りといったフェイスライン(Uゾーン)に集中して発生した時の原因と治し方を解説します。子供のニキビは基本的にはおでこや鼻のTゾーンにできやすいと言われていますが、なぜフェイスラインにも増えてしまうことがあるのでしょうか。

フェイスラインに子供ニキビが

中学生・高校生といった思春期の子供のニキビはおでこ・鼻・こめかみのTゾーンに集中して大量発生しやすいと言われています。

しかし、中にはおでこや鼻より頬・顎・口周りといったフェイスラインにニキビが集中して悩んでいるという子供も多いと思います。

頬や顎のUゾーンに増えるニキビは肌が乾燥しやすい大人になると増えやすいと言われているように、乾燥によって毛穴の機能が低下することを原因として引き起こされることがほとんどです。

思春期の子供のでも頬・顎・口周りだけではなくおでこ・鼻も含めた顔全体にニキビが広がってしまっている場合には、原因は過剰な皮脂分泌であると考えた方が良いでしょう。

しかし、TゾーンにはニキビはないのにUゾーンにのみニキビが悪化して大量発生してしまう場合には、原因は乾燥にあると考えて対策を行った方がスムーズな改善へとつなげていくことが出来るかもしれません。

頬・顎・口周りの子供ニキビの治し方

頬・顎・口周りといったフェイスラインにのみニキビが悪化してしまう子供の場合、肌が乾燥しているかどうか確認することがまず大切です。

おでこ・鼻と比べるとフェイスラインは乾燥しているのは普通ですが、脂取り紙を当てた時にほとんど脂がつかないくらいだと少し乾燥が酷い状態かもしれません。

最近では食生活や生活習慣・空調の影響などで中学生・高校生といった子供でも肌が乾燥する人が増えてきています。

肌が乾燥しているのにニキビが増えてしまった場合、使っていくニキビケアは「大人ニキビ用」から選択していく方が確率高く予防につなげられるでしょう。

大人ニキビ用の化粧品は乾燥しやすい大人の肌にニキビができてしまった時のための化粧品なので、子供でも肌が乾燥している場合には思春期の子供ニキビケアではなくて大人用を使った方が賢明です。

特に今持っている化粧品を使ったスキンケアで乾燥感を感じている場合には少し刺激が強すぎるかもしれません。もっと洗顔料の段階から肌に優しいタイプを選択して、肌の乾燥を悪化させずにニキビの症状を落ち着かせていきましょう。

ニキビである以上は、抗炎症作用を持つニキビケアから選ぶことはマストなので頑張って見つけていくしかありません。

乾燥を原因とするニキビは肌に合った化粧品がなかなか見つからなくて症状を長引かせてしまいがちで、特に子供の時から乾燥ニキビの症状が現れてしまうと対策に失敗して何年も肌荒れが治らないということにもなりかねません。

もし今スキンケアによる予防が上手くいっていなくて、頬・顎・口周りといったフェイスラインに強い刺激や乾燥感を感じているならスキンケアを大人用に切り替えてみてください。
それだけでも肌に大きな変化が表れる可能性が高いと思いますよ。

具体的にはオルビスクリア・ビーグレン・ルナメアAC・ノブACアクティブといった化粧品がとても人気があってオススメとなっています。

子供のニキビを治すために親がしてあげられること © 2017